◎グレコウキ0号ウキの浮力設定について

約30年前はメーカーウキでは0号がほとんど販売していない時期です。B,2B,3Bが中心の時代です。ゼロ釣法がしたくて自分用にゼロウキを作って釣りをしていました。食い渋るグレには最高のアイテムでした。20年前にグレコウキ販売に当たって色々な釣人さんにテストしていただき、0号の浮力を設定しました。

その当時私の友人で、日本海・太平洋・離島とあらゆる釣り場で0ウキ一筋での釣行でした。どこの釣り場でもかなりの釣果がありました。それで0号=G5、00号=G6、00R=完全フカセの設定にしました。

今回他メーカーウキの浮力設定にびっくりしました。(動画をとるために)
0号表示でグレコの0000Rくらいのものが大変多いので・・・?
00ウキで沈め釣りウキがシモリすぎでは・・・?
また、釣り場に合わせた釣りができないのでは・・・?
もう少し釣り人目線にたった0号ウキがいいのかな・・・?
それと今回プラスチック樹脂整形ウキが多いのにびっくりです。それもメーカーウキでプラスチックの表示もなくおまけに高価です。釣人は高価な道具(サオ、リール、衣服など)をたくさん買ってプラスチックのウキでは・・?
私のボヤキですので、、、、

グレコウキは残量浮力があるので色々な釣り場で状況に合わせた釣りができます。浮力があると色々な細工ができるので良い釣果につながります。

サイト内リンク

回転ウキ
グレコウキの紹介
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system